人気の国内ストックフォト「ピクスタ」

国内のストックフォトサービスのなかで、人気のサイトの一つが、PIXTA(ピクスタ)です。
ピクスタで取り扱われているデータの種類も、幅広いです。
イラストや写真はもちろん、保存の過程でも画質を保持できるベクターデータや、動画データ、PNGデータもOKとなっています。
素材にもよりますが、ピクスタでの審査はやや時間がかかる傾向があります。
ストックフォトサービスを始めたばかりの頃は、容量が掴めずに素材が審査の基準に達していないことが多くなるかもしれませんが、慣れてくれば適切なタグ付けなどもできるようになってくるので、それほど長期間の審査にはなりませんから安心してください。
審査の方針、基準についても、海外サイトに比べればわかりやすいし、それほど厳しくはありません。
ピクスタで注意しておいてほしいのは、一定期間内に登録できる素材の枚数に制限があることです。
クリエイターとしてランクが上がるほど、登録可能枚数が変動していきます。

人気を集めている副業

自分でウェブページを開設したりする人も増えてきていますから、その影響を受けて人気を集め始めているのが、ストックフォトサービスです。
ストックフォトサービスとは、一般の人でもクリエイターとして写真やイラストなどの素材を気軽に投稿できて、登録したユーザーはその素材を無料あるいは有料で購入、ダウンロードして利用できるサービスとなっています。
ストックフォトサービスにクリエイターとして申請したい場合は、無料で行えます。たまに登録が有料のところもありますが、怪しいサイトの可能性が高いので避けたほうがよさそうです。
登録した後は、自分で用意した写真やイラスト素材などをアップロードするだけで、すぐに販売できます。
写真やイラスト以外にも、映像や動画データ、劣化がないベクターデータなども対象になっているサービスがありますから、自分の扱いたいファイルに対応しているかを確認してから、ストックフォトサービスを選んでみてください。

必要な知識

ストックフォトサービスで自分も写真やイラストのダウンロード販売をして、クリエイターとして活躍してみたいけど、やり方や何が必要なのか分からないという人のために、ここで少しご説明したいと思います。
まず、ストックフォトサービスに登録するのに必要なのは、販売する素材ですね。
できれば、デジタルカメラを使った高画質な写真や、専用のソフトで作成した高解像度のイラストを用意してください。
写真撮影に用いるデジタルカメラは、画質が良ければ一丸でもコンパクトでも、どんなものでもかまいませんが、サイズについては注意してください。
最低でもこのくらいのサイズは必要、というのがストックフォトサービスごとに定められていますので、写真を用意する前に必ず確認しておきましょう。
携帯電話やスマホに付属しているカメラで撮影された素材はやはり画質で劣ってしまうので審査するときにNGになってしまう可能性が高いですから、やはりちゃんとしたカメラが欲しいところです。

副業を考えてみる

最近では昼間仕事をしているオフィスレディーでも、副業のことをしっかり頭に描いているようです。そして、やっぱり昼間働くオフィスレディーなら、副業は夜の仕事を考えるものです。そして、夜の仕事なら一体誰に文句を言われる心配があるでしょうか。
そして、実際に夜のオフィスレディーの仕事ですが、ちょっと風俗嬢は・・・と思う人たちがほとんどです。実際に、夜の副業と言えば風俗嬢が多いのも事実です。しかし、そういうオフィスレディーに向いている風俗嬢よりもメリット大きい仕事があります。それは、バーの店員です。みなさんオフィスレディーもバーの店員ならばと考えるようです。
バーの店員はカクテルなど作ることが仕事です。しっかり勉強もここができますし、楽しみながらお金を稼ぐことができるという感じではありませんか。別にむ、バーのアルバイトのために今までも生活スタイルを変更する必要もありません。
ただし、やっぱりバーのバイトと言っても最初は厳しい問題が待ち受けているかもしれません。それは、バーの仕事が立ち仕事と言うことです。しかし、段々とその苦痛にも慣れて行くことでしょう。バーの仕事はコミュニケーションの場です。お喋り好きの女性にはもってこいの仕事だと思いますよ。
バーのアルバイトはメリット多い仕事です。バーの世界からオフィスレディーは世界観をどんどん広げているようです。バーのアルバイトの場合、大体時給は1000円程度と言ったところでしょうか。ただし、深夜なに更に高くなるはずです。
みなさんも副業について悩むなら一度バーのアルバイトの仕事も視野に入れていただきたいですね。バーのアルバイトなら気軽にスタートできる仕事です。

報酬を確認する

アフィリエイトをスタートするために知らなければならない点がいくつかあります。実際に多くの人たちが気になる問題は、アフィリエイトの報酬のことなのではないでしょうか。今一体どの程度の報酬なのかしら?と思っている人たちも当然多いはずです。
しかし、報酬の仕組みについて知らない人たちもまだまだいらっしゃるようです。 ちょっとここで確認していただきたいですね。ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の管理画面でしっかり報酬について確認出来るはずです。 ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)で1日分の報酬を集計し、売上げのレポートに反映させたり、 ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)によってはその日の売りあげをリアルタイムで確認出来たりします。
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のクリック型報酬の場合ですと、クリック一つで既に報酬が確定されます。成果報酬の場合は一度未確定報酬としてレポートに表示されるはずです。そして、実際に商品アイテムが動いてはじめて確定されるのがパターンです。しかし、その後キャンセルなとで入った場合には確定されても報酬はありません。
こういう感じでASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のスポンサーは、利益があった場合のみ成果報酬としてアフィリエイターに報酬が支払いされるシステムです。アフィリエイターも売り上げデータを照合して、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に対して成果承認をします。ちょっと面倒くさいと言うよりも時間がかかる作業です。だいたい30日程度かかるようですね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ